血管のばしで冷え性を改善し血管を若返らせる

「手足の冷たいのは、心の暖かい証拠よ・・」・なんて、言わざるを得ない人、けっこう多いですよね。

実は、私も手足が冷たい方なんです。だから、寝るときに小さな座布団ヒーターを入れて寝ています。

先日、手の暖かい人と並べてみたら、本当に肌の色が違うんですよね・・。

私のは白っぽく蝋人形のようなんですが、暖かい人の肌はピンク色なんです。

手に限らず、腕も、足も血液がすみずみまで流れていて、いかにも健康という感じの色をしています。

大きな違いは血管です

比べてみると、私の血管は細く外から見えないのに、手の暖かい人の血管は太くしっかりしています。

採血

きっと太い血管で全身のすみずみまで、血液を送りだしているんでしょうね。

私のは、きっとチョロチョロと少ししか流れていないような気がします。

採血するのにもいつも苦労していて、一番細い針を刺してもらって、人の3倍近く時間がかかります。

「血管が細くて冷え性なのは、生まれつきだからしょうがないや・・」と思っていたら、放っておくと大変なことになるそうです。

冷え性の人の血管は老化している

最近、「健康の基本は血管」というのが定説になってきましたよね。

実は、冷え性の人の血管は老化していて、放っておくと命に危険があることがわかってきたそうです。

冷え性の原因は、手足に暖かい血液が十分に流れていかないためによるものです。

細い血管で血液が流れてないとやがて血管が硬くなり、血圧異常などが起こるようになってしまいます。

その結果が、心臓や脳の病気へと発展していく可能性があります。

なんと、「冷え性の人の10人に1人に命の危険性がある」というデータもあるそうですよ。

血管伸ばし体操で血管が若返る

そんな冷え性の人の血管を改善する体操を、NHK「ガッテン」が教えてくれました。

名付けて「血管のばし体操」。これを3週間続ければ、血管が若返り冷え性も改善してきます。

血管が若返れば、全身に血液がながれ、新陳代謝もよくなり、お肌もツヤツヤに・・といいことづくめです。

これは、しっかり覚えなくてはなりませんね。

危険な冷え性を血圧異常で見分ける

冷え性が起こる原因としては、自律神経によるものと、血管に問題があるものがあります。

別な言い方をすると、冷え性には血管が柔らかい人と、血管が硬い人がいると言うことになります。

問題は血管が硬い人で、脳梗塞の起こる可能性があります。

実は、血圧は安静状態の血圧だけでなく、日常生活を含めた血圧の変動幅が大きいとリスクが高まることがわかってきました。

血圧の変動幅というのは、寝ているときなどの安静時や運動を含めたときの血圧の差で「血圧変動」といいます。

この差が大きい人を「変動型の高血圧」といいます。

血管が硬いために冷え性になっている人は「変動型の高血圧」になっている可能性があります。

「変動型の高血圧」は、血圧計で血圧を測ることで、簡単に発見することができます。

【血圧異常の見分け方】
①血圧計を用意します。
②一度測ってから、立ち上がり再び測ります。

2度測った血圧の差が
●10未満なら正常
●10~15未満なら黄色ゾーン
●15以上なら赤ゾーン

1回立ち上がっただけで血圧の変動が大きい人は、日常生活ではもっと激しい変動が起きている可能性があります。

15以上の差のある人は、一度病院の循環器内科などで24時間血圧の検査を受けてみてください。

特に50歳以上の人の場合には、注意が必要です。

血管伸ばして血管異常を改善

硬くなった血管を柔らかくして、血管年齢を若返らせることができます。やり方は、血管を伸ばすことです。

血管を伸ばすとその刺激で血管を柔らかくする成分が放出され、血管が拡がり血流がアップします。

最も効果があるのは、太い血管の通っている足の血管と伸ばすことです。

特に、以下の3箇所の動脈を伸ばすと効果があります。

1.太ももの血管(大腿動脈)
2.ひざの血管(膝窩動脈:しっかどうみゃく)
3.ふくらはぎの血管

【血管伸ばしストレッチ】
痛気持ちいいところまでにすることと、必ず呼吸をしながら行ってください。

●太ももの血管を伸ばす
①正座をする
②ひざより前に手をつく
③左足を後ろにまっすぐ伸ばしていく(右は正座のまま)
④腰を曲げずに反らして顔は真正面を向く
⑤このまま太ももの付け根が伸びているのを意識する
⑥反対側の同じようにやる

●ひざの裏の血管を伸ばす
①立った姿勢で軽く足を一歩前にだす
②両手を出した足のひざにのせ、反対の足を曲げながらゆっくり腰を引いていく
③ひざの裏がストレッチされるの意識する

●ふくらはぎの血管を伸ばす
①正座して、片側の足だけ立てる
②両手をひざの上において反対の足を軽く開く
③胸を太ももの前にくっつけるように前傾させていく
④かかとを地面から離さないようにしてふくらはぎが伸びているのを意識する

血管の拡がる効果は速攻性がありますが、すぐに効果がなくなりますので、大切なのは毎日続けることです。

3週間毎日続けると血管が柔らかくなり血管もどんどん若返っていくそうですよ。

血栓を溶かす!作らせない!【頸動脈プラーク】に悩んだ私が選んだ方法はこれです
サブコンテンツ

このページの先頭へ