血栓を溶かす「プラスミン」を活性化させる方法

血栓ができる仕組みをご存知ですか?

血栓は、傷ついた血管部分を修復するために集まってきた「血小板」の集まりです。

血管が傷つくとそこから血液が流れ出てしまうのを防ぐため、その部分の血管が収縮し、血液を固める作用のある「血小板」が集まってきます。

集まった血小板が血液を固め血餅(けっぺい)を作り傷口を覆います。

これにより、血液が流れ出るのを防ぎ、血管が修復されます。

プラスミン

修復されると、「プラスミン」と言う成分が出てきて、血栓を溶かし血管壁は元に戻ると言う仕組みです。

このプラスミンの作用が少ないと、血栓は溶けにくくなり、脳梗塞や心筋梗塞の元凶になります。

詰まった血栓を溶かす特効薬「t-PA」

脳梗塞などによって詰まってしまった血栓を溶かす特効薬に「t-PA」と言う薬があります。

これは、プラスミノーゲンの活性因子で、プラスミンを活性化させることで血栓を溶かし、血流を元に戻します。

しかし、「t-PA」は、脳梗塞発症から6時間以内に投与しないと効果がないばかりか、かえって逆効果になります。

また、「t-PA」は、詰まった血栓に働きかけますが、他の意図しない場所にも働き、思わぬ出血を招くことがあります。

内出血を止めるためにできた必要な血栓も溶かしてしまう可能性もあります。

「t-PA」は、とても効果のある特効薬ですが、使用には医師の慎重な判断が必要となります。

では、「t-PA」のように「プラスミン」を増やすことはできるのでしょうか。

血栓を溶かす働きのあるナットウキナーゼ

プラスミンを増やす(活性化させる)方法に、ナットウキナーゼと言う成分があります。

ナットウキナーゼは、納豆のネバネバに含まれる成分です。

血栓は夜寝ている間に作られることが多く、夕食に納豆を食べると良いと言われるのはこのためです。

効果を期待できる量を摂るには、毎日納豆を2パック食べる必要があります。

毎日、2パックを食べ続けることが難しいと言う方は、サプリメントで必要量を摂ることが可能です。

ナットウキナーゼの詳しい説明はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ