血液ドロドロでできる血栓の1つ「血小板血栓」

「血液ドロドロ」という言葉。

これはあくまでイメージであって、実は赤血球や白血球、血小板の量や質に異常が起こり、血液が流れにくくなっている状態を言います。

そしてその結果引き起こされるのは体の不調に始まり、動脈硬化などと相まって最悪の場合には脳梗塞や心筋梗塞といった命を脅かす病気を引き起こしたりします。

血液ドロドロを引き起こす要因は赤血球が増えたり硬くなること、白血球がひっつきやすくなること、血小板が固まりやすくなることがあげられます。

この中で一番怖いのが血小板が固まりやすくなることで、その結果出来る「血小板血栓」です。

血小板血栓

血小板血栓の原因は、糖尿病、メタボ、飲酒、ストレス、喫煙などがあります。

体の不調の原因は主に毛細血管を血液が通りにくくなる、つまり体の末端部分まで酸素や栄養素などが運ばれなくなることで起こります。

症状は手足の冷えや、肩こり、頭痛、めまい、疲れやすくなるなどの形で出てきます。

そして症状が毛細血管ではなく、太い血管で出るのが脳梗塞、心筋梗塞などです。

糖尿病や高血圧などによって動脈に負担がかかると、動脈の内膜が破れることがあります。

このとき悪玉コレステロールが血管の内膜に蓄積しコブ状になります。

悪玉コレステロールが蓄積したコブは破れやすく、破れた箇所の傷を血小板が集まって塞ごうとします。

この血小板が集まった時に血液が「血小板が固まりやすい状態」にあると、その血小板の固まりは次第に大きくなり「血小板血栓」となります。

この「血小板血栓」が剥がれ、血流にのって心臓の動脈に運ばれ詰まることで起きるのが心筋梗塞です。そして脳に運ばれるて起きるのが脳梗塞です。

いずれにしろ「血液ドロドロ」状態よりは「血液サラサラ」状態の方がいいのには違いありません。

これは、食事療法で改善することができます。

血栓を作らない方法はこちら

血栓を溶かす!作らせない!【頸動脈プラーク】に悩んだ私が選んだ方法はこれです
サブコンテンツ

このページの先頭へ