医師の処方箋が必要なDHA・EPA「ロトリガ」と美健知箋・きなりの違い

DHA・EPAは医師も認める高脂血症のサプリメントです。

医師が処方するDHA・EPAの薬(サプリメント)は、「ロトリガ粒状カプセル2g」と言います。

医師の処方するロトリガ

ロトリガ

ロトリガは、武田薬品が販売する「EPA・DHA製剤」です。一般名は、「オメガ−3脂肪酸エチル」と言います。

「EPA・DHA」には色々な効能がありますが、主に高脂血症の治療薬として処方されます。

高脂血症の中でも特に中性脂肪が高い人に効くと言われています。

「EPA・DHA」は、青魚の油に含まれる成分ですので、食事からも摂ることができるし、サプリメントとしても販売されています。

薬と言うよりサプリメント(補助食品)に近いかもしれませんね。高脂血症の薬と言えば、「クレストール」や「リピトール」などが有名ですが、これらの薬と一緒に併用することができます。

クレストールやリピトールなどの薬には副作用がありますが、ロトリガは食品に含まれる成分ですので、副作用が少ないのも特徴です。※ロトリガの副作用は下記で詳しく書いています。

ただし、血液をサラサラにする作用がありますので、出血しやすい人は注意が必要です。

例えば、胃や腸の内視鏡検査などを行う場合、数日前からロトリガの服用をお休みさせることがあります。

検査過程で出血した時、血液が止まりにくくなるのを防ぐためです。

このようなことを考えると、「ロトリガ」には血液をサラサラにする作用があることが分かります。

「EPA・DHA」には、中性脂肪を下げる働きの他、脳の記憶力、学習能力の向上、認知症予防、高血圧の改善、抗アレルギー作用などがあるとされていますが、これらに対してはまだ明らかにされていないため、保険適応外になります。

つまり、ロトリガが保険適応になるのは、今のところ「高脂血症(特に中性脂肪が高い」のみです。

ロトリガの成分

武田薬品のロトリガ2gには

  • EPA 930mg
  • DHA 750mg
  • 合計 1680mg
    が含まれています。

    厚生労働省は、国民健康維持増進を目的とした「日本人の食事摂取基準」の中でDHA・EPA(オメガ3脂肪酸)は1日1000mgの摂取を推奨しています。

    ロトリガ1包で厚生労働省の推奨する量の1.6倍も摂れるので、健康維持のためだけなら十分すぎますが、中性脂肪の治療となるとこれくらいの量を撮り続けることが必要です。

    ロトリガの副作用

    他の高脂血症の薬剤と違い、副作用は出にくいとされていますが、少なからず副作用はありますので、ご紹介します。

    下痢、頭痛、めまい、高血糖、発疹、かゆみ、鼻血、吐き気。非常にまれですが、肝機能障害やLDL上昇もありますので、定期的に肝臓やコレステロールの血液検査を受けた方が良いですね。

    ロトリガの価格

    高脂血症の場合保険適応(3割負担)になりますので、1ヶ月30日分で約2,350円です。

    1包261.10円の30日分で7,833円。保険適応3割負担で2,349.9円になります。

    問題なければ3か月分ほど処方してもらえますので、保険適応で3か月分7,050円になります。保険が効かないとすると3か月分で23,499円です。

    ロトリガを処方(3か月分)してもらうときは、診察と肝機能やその他コレステロール、中性脂肪など諸々の血液検査がありますので、薬代の他、診察料と血液検査代がかかります。

    処方箋の要らない「DHA・EPA」

    ロトリガは医師の処方箋が必要ですが、処方箋の必用がない(医師の診察がいらない)「DHA・EPA」が、大手製薬会社やマルハニチロなど魚のプロが製造するものが販売されています。

    魚の缶詰で有名なマルハニチロの「DHA・EPA」はより食品に近い感じがしますね。

    佐藤製薬の「美健知箋」

    佐藤製薬美健知箋

    ユンケルと象のサトちゃんマークでおなじみの佐藤製薬は、処方箋が必要ない「DHA・EPA」の中では、含有量の多さが特徴です。

    佐藤製薬「美健知箋(びけんちせん)」には

  • EPA 200mg
  • DHA 550mg
  • 合計 750mg
    が含まれています。

    佐藤製薬美健知箋の含有量

    さすがに、医師の診察が必要な高脂血症の治療薬「ロトリガ」より含有量は下がりますが、1包で、国が推奨する1日の量の3/4が摂れてしまいます。

    「DHA・EPA」は食事でも摂れますので、これくらいでも十分なのかと思います。

    矢印マーク佐藤製薬のEPA&DHA「美健知箋」今なら初月1,000円

    マルハニチロの共同開発による「きなり」

    きなり

    きなりは、「DHA・EPA」の他、血栓を溶かす働きがあると言われている「ナットウキナーゼ」を含んだサプリメントです。

    また、「DHA・EPA」の酸化を防ぐ強い抗酸化作用をもつ「クリルオイル」を含んでいるのが特徴です。

    「DHA・EPA」とタッグを組むことで動脈硬化の改善を強固なものにしています。

    「きなり」には

  • EPA・DHAで合計510mg
  • ナットウキナーゼ
  • クリルオイル
  • が含まれています。

    厚生労働省が推奨するEPA・DHA(オメガ3脂肪酸)の量は1日1,000mgですので、その約半分は「きなり」で補えることになります。残りの500mgは、普段の食事で摂れるかと思います。

    「きなり」の大きな特徴は、血栓やプラークを溶かす働きがあるとされている「ナットウキナーゼ」が含まれているところです。

    矢印マーク血栓・プラークが気になる方に ナットウキナーゼとDHA・EPAが同時に摂れる【きなり】

    高脂血症だけでなく、血栓やプラークが心配な方は、「きなり」が向いています。

    血栓を溶かす!作らせない!【頸動脈プラーク】に悩んだ私が選んだ方法はこれです
    サブコンテンツ

    このページの先頭へ