血管の狭窄カテーテル治療|スーパードクターのいる病院

血栓やプラークの石灰化で詰まってしまった血管。命を脅かすほどの血管の狭窄があれば、すぐに治療をしないと手遅れになります。

血管は、体中を走っていますので、どこの血管が詰まっても危険ですが、心臓の血管や足の血管のつまりはカテーテルでの治療が可能です。

このカテーテルの処置で、現在トップを走る病院と医師をご紹介します。

千葉県松戸市にある千葉西総合病院の三角和雄(みすみかずお)先生です。

三角先生は、「ベストドクターインジャパン」に選ばれるほど、国際的知名度があり、日本で「ロータブレーター」の指導医の資格を持っている唯一の医師で、スーパードクターと呼ばれています。

三角先生の特徴は、あらゆる機器を使って、いろいろな血管の詰りを瞬時に解消すること。

ロータブレーターもその一つです。ロータブレーターとは、尖端がダイアモンドの粒子になっているため、石灰化した固まりを削ることができます。

スーパードクターズで紹介された患者さんは、不安定狭心症で心臓の血管が詰まっている患者さん2名と、閉塞性動脈硬化症で足の血管が詰まって歩けない患者さん1名。

不安定狭心症の患者さんは、あまり自覚症状がないにも関わらず、いつ発作が起きてもおかしくない、とても危ない状態でした。

一般的な治療は、腕や足の血管からカテーテルを通し、詰まった部分を気圧で膨らませ、ステントと呼ばれる器具を入れ血管の狭窄を改善します。

しかし、コレステロールが石灰化し固くなっている場合、気圧で膨らませることはできません。その場合、ロータブレーターで削りながら、血管を広げていきます。

ロータブレーターには、削り過ぎると血管を傷つけ大量出血に見舞われます。指先の感覚を頼りに操作をする熟練のスキルが必要です。

削った石灰化の粒子は、患者さんが咳をし、血圧を上げることで流すことができます。

血管を狭窄させているものが、柔らかいものか硬いものかにより、機器を使い分けていきます。

閉塞性動脈硬化症の女性は、右足の大動脈が長い範囲で詰まって血液が全く流れていない状態でした。

上部のつまりは、クロッサーで、下部にくると柔らかい血栓が詰まっていたので、エキシマレーサーに変更し、見事に血管のつまりが改善、足先まで血液が行きわたりました。

上記の器具はほんの一例、12種類以上の機器を使って血管を広げます。

千葉西総合病院の特徴は、この治療を行うハイテクカテーテルセンターにあります。6つの処置室がモニタと無線で三角先生の指令席とつながっています。

血管の詰りは、サイレントキラーです。自覚症状のないまま、ある日突然心筋梗塞や脳梗塞など起こす可能性があります。少しでもおかしいと感じたら、受診することが大切です。

しかし、医師や病院選びは、難しいですね。なかなか良いドクターに巡り合えないとお悩みの方は、治療候補に挙げてみてはいかがでしょう。

この病院の素晴らしいところは、紹介状が無くても(紹介状がない場合2,160円必要です)、治療を希望する人全員を受け入れてくれるところかと思います。

血管の詰りを手術で取り除いても、新たな血栓は日々作られます。食事や運動で血栓のできにくい体にすることが重要ですね。

血栓を作りにくくし(DHA・EPA)、できてしまった血栓を溶かす働きのある(ナットウキナーゼ)のサプリはこちら

血栓を溶かす!作らせない!【頸動脈プラーク】に悩んだ私が選んだ方法はこれです
サブコンテンツ

このページの先頭へ