できてしまった血栓を溶かすナットウキナーゼ

40代から始まった動脈硬化

こんにちは。私は現在52歳、血管にプラークがあり動脈硬化に悩む1人です。

40代から悪玉コレステロール値が異常になり、動脈硬化を指摘されました。

動脈硬化とは、血管内にコレステロールなどが溜まり血管が硬くなることで、加齢の他、高脂血症、糖尿病、高血圧など生活習慣病が主な原因と言われています。

硬くなった血管

動脈硬化を起こしている血管は、劣化して硬くなったゴムホースのように柔軟性がありません。

この硬くなった血管をいかに柔らかく戻すか・・・

最近では「血管をしなやかにさせる方法」や、「血管を若返らせる方法」などがテーマのテレビ番組が増えていることからも、中高年の大きな課題だと言うことが分かります。

それだけ、「血管」が健康や老化のカギを握っているからです。

40代、50代からの健康診断で、
●LDL(悪玉)コレステロール」が高い
●中性脂肪が高い
●血圧が高い
●血糖値が高い
と言われた人は、要注意です。

命を脅かす「脳梗塞」や「心筋梗塞」の発症率がぐ~んとアップするからです。

血管の病気は、老化を加速させ、どんどん血管が硬くなる動脈硬化を起こします。これにより、血液もドロドロ傾向になり、血管が詰まりやすくなります。

私の血管の状態 血液検査と頸動脈エコー検査の結果

私は、現在56歳ですが、40代の頃に脂質異常が指摘され、LDLコレステロールが173、中性脂肪が273、総コレステロールが259と高めでした。

脂質異常は、自覚症状がまったくなく、治療開始の時は、薬を飲んだり飲まなかったりと油断していたため、なかなか数値は下がらず、真剣に養生しようと思ったのは50歳の頃です。

その後、治療や食事療法を継続しどうにかおさまっている現状ですが、最近、頸動脈(首の血管)エコーの検査をしたところ、プラークと一部石灰化が見られました。

プラークの検査は、そのほとんどが頸動脈の画像で判断しますが、頸動脈だけにプラークができやすいと言うことはありません

頸動脈にプラークがあると言うことは、体も同じ状態。体のあちこちにプラークがあると考えられます。

プラークや石灰化は最近できたものではなく、長年の動脈硬化が起こしたものです。

頸動脈エコー

上記の画像は、私の頸動脈エコーの検査結果です。

黄色い部分が、プラーク。赤い部分が石灰化。プラークはプヨプヨとしています。

石灰化はその名の通りカルシウムが固まったものなので、硬くゴツゴツしています。

この石灰化がやっかいで、ゴツゴツと硬いため血管が非常に破れやすく、ちょっとの衝撃でもプラークがやぶれてしまう可能性があります。

プラークがやぶれるとそこで出血を起こし、血管が詰まってしまいます。

また、プラークがはがれると、それが心臓や脳に飛び、血管を詰まらせ、心筋梗塞や脳梗塞の可能性が高くなります。

石灰化したプラークは、普通のプラークに比べ、死亡率がなんと10倍も高くなります。

一度できたプラークは溶かすことができますが、石灰化は手術をしないと取り除くことができません。

(※逆に、映像に良く映らない程度の柔らかいプラークも危険と言います。プルプルしているため、ちょっとの刺激ではがれてしまう可能性があるからです。プルプルした柔らかいプラークに付いては、芸能人の坂下千里子さんの事例で紹介してます。)

追記:今年も頸動脈エコー検査を受けてきました。私の石灰化が小さくなっていた驚きの検査結果はこちら

石灰化を防ぐには?

プラークの石灰化を防ぐには、積極的にカルシウムを摂ること。

「カルシウムですか?」 逆に、石灰ってカルシウムの固まりなのでは?と思いがちですが、カルシウムが不足すると骨から補おうと血液中にカルシウムが流れ出します。

石灰化は、そのカルシウムがプラークにたまることで起こるのです。

普段から、カルシウム不足にならないことが大切です。

しかし、この石灰化もプラークが無ければ起こらないこと。

まずは、これ以上プラークを作らず、石灰化を阻止することが重要だと思います。

プラークを作らないためには?

プラークを作らないようにするには、動脈硬化を防ぐことです。

血管をいつまでも柔らかく若々しく保つためには、いろいろな有効成分がありますが、青魚の成分であるDHA・EPA、ナッツなどに多く含まれるオレイン酸などが有効です。

DHA・EPAを効果的に取るなら、青魚なら、毎日イワシ2尾程度が必要と言われています。

いわし2尾

脳梗塞の特効薬t-PAとは

どんな人にも平等にやってくるのが死と老化ですが、それを遅らせることは可能です。

食生活の乱れや老化によってできてしまった血栓も小さくすることや溶かすことで、要らぬ障害を起こさず、寿命を延ばすことができます。

脳梗塞などを起こした場合、病院では、まずは血栓を溶かすt-PAと言う薬を注射します。このt-PAは非常に高価な薬で、脳梗塞の特効薬と言われています。

PTA

静脈から薬を入れ、詰まった血栓を溶かし血流を復活させることで脳へのダメージを最小限に抑えることができます。

しかし、この薬は脳梗塞を発症してから4時間以内に打たないと効果がありません。

血栓ができてしまって時間が経つと血管が固くなり破裂する可能性があるからです。これではかえって逆効果です。

現在、脳梗塞を発症してから病院に運び込まれるまでは平均で10時間。4時間半と言うしばりは結構ハードルが高いですね。

ですから、p-TAが認可された当時は、使用率はたったの3%に留まりました。このことから、t-PAは特効薬なのですが、残念ながら使用率は現在でもたったの5%なのです。

でも、ここでとても嬉しい情報があります。t-PAは、1本何十万円もする特効薬で高い薬ですが、納豆に含まれるナットウキナーゼを摂っていると、t-PAが自然と増えるのです!

できてしまった血栓を溶かすには?

血栓を溶かす働きがある成分は、ナットウキナーゼです。

ナットウキナーゼは、納豆のネバネバに含まれる成分で、食事で血栓を溶かす効果があるのは、今のところナットウキナーゼだけと言われています。

血栓は、夜寝ている間に作られることが多く、納豆は朝食べるより夜食べる方が良いとされるのはこのためです。

納豆

プラークや血栓に関して食事で予防・改善するなら、毎日、青魚と納豆、ナッツ類を積極的に摂ると良いということです。

これなら、簡単!と誰もが思ったのではないでしょうか?

私も「な~んだ、青魚と納豆なら大好きだし、高いものではないし、毎日食べ続けられるぞ!」と思い、初めのうちは頑張って食べ続ける努力をしました。

ところが、一生懸命摂っているつもりでも、効果が出せる量に達していなかったり、飲み会や外食、残業、その他色々な理由で、全然毎日続けられませんでした。

効果が期待できる量とは、EPA・DHAなら毎日イワシ2尾、ナットウキナーゼなら毎日納豆を2パックです。これは、ちょっと難しいですよね。

続けられそうで、難しいのが食事だと言うことが分かりました。

そこで、今は、サプリメントでEPA・DHAとナットウキナーゼを摂っています。これなら、出張や旅先でも簡単に飲めるし、効果が期待できる量を簡単に摂り続けることができます。

サプリメントも有名製薬会社のものを選べばちょっと安心ですしね。

ナットウキナーゼの詳細

小林製薬のナットウキナーゼには、ナットウキナーゼとEPAとDHAが同時に摂れることが魅力です。

1日1粒で、日本ナットウキナーゼ協会が推奨する1日当りの摂取量2000FUを摂取

DHA・EPAは、DHA含有精製魚油が139.3mg、EPA含有精製魚油が19.8mg

さらさらレッドR(たまねぎ)が25.0mg

玉ねぎの血液サラサラ成分ケルセチン配糖体(70%含有)が1.8mg

など、欲しかったその他の有効成分がたっぷりと含まれています。

今なら、1袋30粒1か月分通常1500円(税込1620円)が30%オフの1134円(税込)で試せます。

ネットでクレジットを使いたくない私には、コンビニ払いや郵便振り込みの「後払い」があるのは嬉しいですね。

公式サイト⇒ 小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセット

毎日の食事で摂るのが難しい人は、サプリメントが向いていると思います。

私は、このように「動脈硬化」を気にすることで、ビックリするくらい血管が柔らかくなりました。

血管をしなやかに若々しく保つことは、脳梗塞や心筋梗塞の予防につながりますから、これからも気を付けていきたいと思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ